酵素ドリンク

酵素ドリンクの作り方|酵素ドリンク 最新ダイエット情報

酵素ドリンク > 酵素ドリンク 最新ダイエット情報 > 酵素ドリンクの作り方


家庭でも簡単に作れる酵素ドリンクの作り方
酵素の存在と働きを知ってから、酵素ドリンク作りをしてみたいと思っている方、いらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、いざ作ろうとすると何からしたらよいのか?具体的な作り方がよくわからないという方も多いようです。
また、酵素ドリンクは朝に摂るのが良いとされています。
ただある程度材料や作り方に慣れないと、そのまま飲むのはつらい場合もあります。
酵素ドリンクの作り方をご案内しながら、肝心の飲みやすさにも触れていきましょう。


酵素ドリンクは、必ず”発酵”過程がある
酵素ドリンクと野菜ジュースの違いって、何だかわかりますでしょうか?
もちろんそんなのカンタン♪とすぐに答えられる方もいれば、少し悩まれる方もいるはずです。

ご存知のように、答えはカンタン!

野菜ジュースとは、野菜を絞ったり磨り潰すなどしてジュースにしたものである。
または、その果汁に糖分や水分、ビタミンCを添加しているものです。
野菜ジュースにも当然ながら酵素は含まれています。

酵素ドリンクは、「発酵」という過程があり、発酵によりさらに豊富な酵素の量を作っています。
野菜ジュースとの大きな違いは、酵素ドリンクはこの過程により作られた酵素エキスを、たくさん摂取することを目的としています。


酵素の発酵は、見て!触って!

材料を切ることから・・・基本は、皮ごと。
かぼちゃなどは種ごと入れ、リンゴは芯も入れます。
まず、ゆっくりとキレイな手でかき混ぜます。

果物野菜:上白糖=1:1を加えます。

砂糖が少な過ぎると傷みやすくなります。
人が持っている常在菌の力により、発酵が始まります。
混ぜ過ぎず、全体に砂糖をまぶします。

この時、発酵させるので、完全密封しない様に注意しましょう。
7日〜10日くらいで、ぶつぶつ泡が出てきたり、エキスが抜けて浮いて来たりするのが、目に見えて分かると思います。
酸っぱくて甘ーい匂いがし、手で混ぜると泡が立ち上がるのがわかります。
こうして、発酵したら完成まで寝かせて熟成させるとまろやかになり、さらにおいしくなります。

潰しながら触ってみて柔らかくなっていたら、発酵は完了です。
さらしやガーゼなどで綺麗にこしたら発酵作業は完了となります。


酵素ドリンクは朝に摂るのが良い

このような過程でやっとできあがった酵素ドリンクを飲むのは朝がもっとも良いとされています。
起きてすぐのお腹の中が空っぽのときに飲むことが、体にとってもっとも酵素エキスを摂取しやすいと言われています。

そのまま酵素を原液で飲める人はもちろん原液のままでどうぞ!
どうしても濃いと感じる人は水や炭酸水で割ったり、ヨーグルトに欠けたりして好みにあわせても良いと思います。

ただし、酵素は特に熱に弱いことから、熱を加えたりすることだけは避けた方が良いですね。
せっかくの生きた酵素が死んでしまっては元も子もありません。

酵素ドリンクの1日の摂取量は、50〜60ccが適量です。過度な取り過ぎもよくありませんね。
子供が飲む場合にはこの半量位が良いとされています。ぜひ分量に気をつけてお試しください。

酵素ジュースは、いま大変な注目を集めていますので、作り方を紹介しているWEBページや雑誌なども本当に多くなっています。
いろいろな酵素ジュースの作り方を探して、ぜひチャレンジしてみましょう。

また酵素ジュース作りは、作り方以外にも原材料にもこだわると、いろんな味覚も楽しめて大変美味しくなります。
ご家族や友達と一緒にまたは作りあいして飲み比べしてみることも有意義ではないでしょうか。


■ 酵素ドリンクを飲むことにより、日常の食事だけでは不足しがちな酵素を摂取することができます。
以下ページでは、人気のある酵素ドリンクをピックアップして比較しています。

  ≪おすすめ!≫酵素ドリンク一覧表 ≫
酵素で健康アップ  酵素で免疫力アップ 
 酵素ダイエット
酵素でダイエット☆便秘解消、お肌キレイ

酵素とは何か
3種類の酵素 







Copyright (C) 酵素ドリンク 人気 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集